月別アーカイブ: 2017年3月

セックスと嘘と栄養

流産を経験しています。ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、流産してから1年後くらい経つと、やっぱり子供が欲しいと思い、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を治そうと苦手だった運動を始めました。運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温が高くなったので、冷え性が改善したんです。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。葉酸の含有量が多い食材は、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。他にも納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが難しいということもあるでしょう。特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。そうした時にはサプリメント等を活用するのがおススメですね。サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ますことが出来ます。

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。野菜だけで補おうとするとあまり現実的ではありません。ですからサプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。

なんとなく不妊を疑いはじめたら、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。基礎体温表をつけていくとその変化で、女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につなげる手がかりとなるのです。基礎体温表を作るには、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るという注意事項もありますから、その通りにしていくのが大切です。もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。

妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。それというのも、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。
詳細はこちら
言うまでもありませんが、妊活中であったとしても例外ではありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を意識しましょう。